スタッフブログ

北海道に野球の独立リーグが出来るようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091110-00000185-jij-spo

日経にも出てましたが、2チームで72試合を予定しているようです。興業的に、同じカードを72試合も見たいか?選手育成の面から見ても、同じチームと72回戦ったところで、技術向上になるのか?

独立リーグが沢山出来るのは喜ばしい事ですが、始めるにしても、もう少し、考えて始めた方が良いのでは?と思ってしまいます。

同じように、女子のプロ野球リーグも2チームで始まるようです。

http://www.girls-probaseball.jp/

ここは、2チームで年間30試合程度行うようです。女子野球の裾のなどを考えると、こちらは始めりとして2チームでもありなのかなとは思います。

また、関西独立リーグに対抗して、ジャパンフューチャーリーグなるものも誕生しております。

http://www.jf-l.com/index.html

この様な動きは歓迎しますが、成功モデルを築かない限り、日本のスポーツ全体の発展には貢献しないと思います。皆が切磋琢磨しながら、うまく成長出来れば最高です!!

二宮清純氏、川口和久氏ら監修の本格的検定。
受験するとBMXでライター・デビューのチャンスも!

SPORTS JOB NETWORKも協力してます!!

スポーツジャーナリスト二宮清純氏を委員長とする「スポーツジャーナリスト検定委員会」監修、日本唯一の野球観戦メディア「Baseball Times」(以下BT)編集部が問題作成および採点を担当するなど、これまで日本には無かった本格的な野球ジャーナリスト検定。

受験するだけで野球ジャーナリストに必要なスキル「調査力」「分析力」「筆力」が身につくだけでなく、当検定にて優秀な成績を残した方の中から数名の方が、「Baseball ManiaX」(BMX)にてライターとしてデビューいただけるよう用意をしております。
(詳細は検定終了後にご案内いたします)

なお12月12日には「検定対策セミナー」を実施。
二宮清純氏や川口和久氏の特別講演、検定問題作成者による出題の傾向と対策についてご案内します。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.so-net.ne.jp/kentei/

皆さんは「スポーツGOMI拾い大会」をご存知ですか?

先日、大井町で10/31,11/1に開催されました。

大会は「ごみ拾いはスポーツだ!」の開会宣言でスタートします。

開会式の後、作戦タイム(何処の地域をまわるかなど)を相談した上で

実際に、ごみ拾い開始です。軍手、トング、ゴミ袋は支給されます。

一チーム5~10名のチーム対抗戦で、決められた時間内に決められたエリア内のゴミを拾って、最も得点の高いチームが優勝となるスポーツ。


学生団体「スポーツGOMI拾い連盟」というのがあって、学生さん達が主催し、開催しています。
「環境奉仕活動」とか「ボランティア活動」とかいうと堅苦しいですが、これを「スポーツ」にしてしまえば、みんなが楽しく「ごみ拾い」に参加できるのではないか、と考えて作られた競技です。
 1.ゴミはきちんと分別する。
  (「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」「缶・びん」「ペットボトル」「その他」の5種類)
 2.一般の方に迷惑をかけないため、競技中走らない。
 3.チームのメンバーは行動を共にし、安全に配慮して他のチームとの距離を
一定以上に保つ。
 4.故意にゴミを作らない。会場内のゴミ箱・ゴミ収集所等からゴミを拾わない。
 5.私有地には入らない。

 等で、例えばペットボトル一つとっても、キャップ、ペットボトル、ラベルと、きちんとゴミの分別を行うことになっています。

 

スポーツGOMI拾いの大まかなルールは非常に単純で簡単!
チーム対抗で、決められたエリア内・決められた時間内に、より多くのゴミを拾って高得点となったチームが優勝となります。
ゴミは種類ごとに配点が異なり、拾ったゴミの総重量だけでなく、より配点の高いゴミをたくさん見つけることもポイント!
ゴミを拾う際の注意点もあって、それを守らないと減点になるんです!

ごみ拾い時間は50分。一チームに一名審判員が同行します。

審判団が収集してきたごみの集計をし、ポイント制になっております。

「たばこの吸い殻」はポイントが高いようでした。

最後に、表彰式をして大会は終了です。

チームの記念撮影、参加賞を頂いて解散でした…

参加された皆さんは、充実した満足感が笑顔として表現されておりました。

私も次回は、参加者としてチャレンジしたいです。

皆さんの地域でも「スポーツGOMI拾い大会」を開催してみませんか。

気になる方、やってみたい方は、ご一報くださいね。

「J」の履歴書~日本サッカーとともに~
川淵三郎
日本経済新聞出版社

非常に面白かったです。

◎ 日本サッカー・Jリーグの歴史を振り返る事が出来る
◎ 川渕さんご自身の経験談が人生の教訓となる
◎ リーダーシップ論の観点からもためになる
◎ 川渕さんの人生の中で繰り広げられたヒューマンドラマとしても楽しめる
◎ 個別の方々のエピソード(特に代表監督と渡邉さん)
◎ 日韓ワールドカップ誘致の政治的な話はつい最近どこかで聞いたような・・・(東京はこの時の事を参考にしたのだろうか)
◎ スポーツビジネス・スポーツマネジメントの観点からも参考になる部分は多い(特に現在マイナーな競技などの普及に取り組んでいる方)

是非読んでみてください。

その他、スポーツビジネス・マネジメントに関する図書をまとめて、SPORTS JOB NETWORK上で紹介しております。

興味のある方は、SPORTS JOB NETWORKトップページ一番下にあるますのでご覧ください。

http://www.sjn.bz/

皆さん、フットプロムという競技をご存知ですか?

下記、協会HPに画像がありますので、それを見れば分かりますが、サッカーの1on1を競技にしたものです。

フットプロム協会
http://www.footprom.net/

このフットプロムのイベントが11月4日(水)18:20~新しくオープンするアディダスフットボールパーク池袋で開催されます。トップのフットサル選手同士の対戦を見逃すな!

出場選手は、元フットサル日本代表キャプテン相根 澄など豪華メンバーが続々参戦表明中!!

今回は6人のプレーヤーを集めてそれを3人ずつの2グループに分け、予選リーグ、順位決定戦を戦います。

サッカー・フットサル好きだけでなく、スポーツビジネス・スポーツマネジメントに興味を持たれている方も、是非見に来て頂き、「新しい」スポーツビジネスの可能性について考えるきっかけにして頂ければと思っています。絶対勉強になります!私ももちろん行きます!

【日時】11月4日(水)18時20分~

【会場】アディダスフットボールパーク池袋
東京都豊島区東池袋1-5-7 ヤマダ電機LABI1日本総本店 池袋屋上
※各線池袋駅東口より徒歩1分

【観戦料】500円(1ドリンク込)
※当日、現地に設置致します受付カウンターにてお支払い下さい。
※入場料に含まれるドリンクはソフトドリンクのみとなります。アルコール飲料をご希望の方は別途料金をいただきますのでご了承ください。

【定員】100名
※施設の入場制限の為、上記以上の観戦希望者がいらした場合には、ご入場いただけなくなります。

【チケット入手方法・イベント詳細】
観戦には予約が必要です。下記、フットプロム協会のHPからご予約下さい。
http://www.footprom.net/091104

先週の土曜日、「第2回スポーツで活躍する女性の会」なるものを開催して来ました。(ちなみに私は男です・・・唯一の男参加者でした)

スポーツ業界で活躍されている女性の方々はスポーツ業界というどちらかと言えば(?)男性社会の中で、女性ならではの苦労などもあるのではないでしょうか。それらを共有する事が出来れば、少しはスポーツ業界の発展に繋がるのではないか。また、女性ならではの視点をスポーツの世界にも取り入れていく事必要があるのではないか。この様な考えから、この企画に賛同し、今年1月に続き第2回目の会を開催しました。

今回はワークショップと懇親会合わせて4時間という事で、土曜日の午後開催としました。しかし、スポーツの秋という事で、スポーツ業界で働いている方が仕事の関係上来られないという事態の中、前回1月よりも少ない人数での開催となりました。開催時期などに関しては検討していく必要があります。

会ですが、人数も多くはなかったので、非常に中身の濃い会にする事が出来たのではないかと感じています。私も非常に勉強になりましたし、今後も何かに繋げていけたらな、と思っています。

東京スポーツリンクの女性スタッフの方々も日程の都合がつかなかった様ですので、是非とも次回以降参加頂ければと思います。

それにしても、自分で言うのもなんですが、色々な事をしてます(笑)

今年の目標は「集める」(ブログ参照:http://norimoto.blog46.fc2.com/blog-entry-498.html)という事なので、とにかく、色々な人と接するようにして来ました。来年以降はこの「集めた」人をうまく活かしながらスポーツ業界の発展に繋げて行くかとトいう所に落とし込んでいかなければと思っています。

つつきです。

先日、神奈川県横浜市にある「こどもの国」に行って来ました。

「乳しぼり体験」と「親子で遊ぼう」がセットになったイベントのお手伝いです。

私がとても面白いと思ったことは、「農業×運動×親子のハイブリッド体験」です。

同じ日に同じ場所で、親子が一緒に、農業と遊びを楽しく体験できる機会だったように感じました。

ちょっとお手伝いをしたので、ご褒美に牛乳とソフトクリーム無料券をいただきました☆

牛乳
牛乳もソフトクリームもとっても美味しかったです!(牛乳、久しぶりに飲みした。)

ちなみにこの牛乳は、「サングリーン特別牛乳」という牛乳で、国内では5つだけの特別牛乳です。詳細は農林水産省の特集で。

こどもの国の中にある牧場のみで購入することができます。

しかも、イベントメンバーには、1994年のリレハンメルオリンピック男子ラージヒル団体で銀メダルを獲得した西方仁也さん(雪印)がいらっしゃいました!

いずれ、「東京スポーツリンク×牛乳(農業)×??」企画などできれば面白いですね。

11月1日日産スタジアム15時キックオフの天皇杯3回戦で日産Fマリノスと戦う福島ユナイテッドFCは、福島市にJクラブを目指して地域SCとして活動してきた福島夢集団のトップチームです。 先日は、J2セレッソ大阪に2-1で勝利! 3回戦に勝ち上がりました。

総合型でもトップチームづくりを成功させつつある夢集団を、福島ユナイテッドFCを、首都圏の地域クラブの皆さんも応援してください!(横浜サポの皆さん ごめんなさい)

東京スポーツリンクのカワシマです。はじめて、UPします。地域スポーツネタを中心に色々と書けたら思います。宜しくお願い致します。

早速、第一弾!

秋田県でスポーツの動きが活発になってきました。

来秋からプロバスケットボール、bjリーグに参入が決まっている「秋田ノーザンハピネッツ」

来春からサッカーJFLに参戦する、TDKSCを母体にしたクラブチーム「ブラウブリッツ秋田」

の2チームが誕生しました。

そして、秋田県は「スポーツ立県あきた」を宣言していました。県職員のブログ(http://akitapref.exblog.jp/12246918/)によると、宣言内容は下記の通り。

決意

一、小さいころから様々な運動・スポーツに慣れ親しむ活動を充実させ、心身ともに健やかで元気な子どもが育つ秋田をつくります。

二、子どもから高齢者まで障害のある方も含めてだれもが、いつでも・どこでも・いつまでも、気軽に楽しめるスポーツ環境を充実させ、元気でハツラツとした健康長寿の秋田をつくります。

三、スポーツライフの創造や競技大会の運営をサポートするボランティア等のネットワークづくりを進め、県民がともに喜びを分かちあい、元気に力を合わせてスポーツ活動を支える秋田をつくります。

四、優れた指導者の育成や人材の発掘・強化に力を入れ、国内外のひのき舞台で活躍できるトップレベルのチームやアスリートを輩出する、元気で誇れる秋田をつくります。

五、秋田の顔となるプロスポーツやクラブチームの育成により、スポーツビジネスを振興するとともに、全国的なスポーツイベントや大会の誘致を進め、県内外からアスリートや応援団が集う、元気で賑わいのある秋田をつくります。

六、県民が一人ひとりの能力、関心に応じて、スポーツを「する」、「みる」、「ささえる」などそれぞれの形で幅広く参加することにより、元気で活力あふれる秋田をつくります。

素晴らしいではありませんか。スポーツ振興のためには行政のバックアップは欠かせません。ただし、行政だけでは出来ません。企業、スポーツ団体、メディア、県民などなどがうまく連携できる仕組み作りが大切です。秋田県がうまく成功例を作れるか、注目です!

東京スポーツリンクのスタッフBLOGです。