2009年 11月

北海道に野球の独立リーグが出来るようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091110-00000185-jij-spo

日経にも出てましたが、2チームで72試合を予定しているようです。興業的に、同じカードを72試合も見たいか?選手育成の面から見ても、同じチームと72回戦ったところで、技術向上になるのか?

独立リーグが沢山出来るのは喜ばしい事ですが、始めるにしても、もう少し、考えて始めた方が良いのでは?と思ってしまいます。

同じように、女子のプロ野球リーグも2チームで始まるようです。

http://www.girls-probaseball.jp/

ここは、2チームで年間30試合程度行うようです。女子野球の裾のなどを考えると、こちらは始めりとして2チームでもありなのかなとは思います。

また、関西独立リーグに対抗して、ジャパンフューチャーリーグなるものも誕生しております。

http://www.jf-l.com/index.html

この様な動きは歓迎しますが、成功モデルを築かない限り、日本のスポーツ全体の発展には貢献しないと思います。皆が切磋琢磨しながら、うまく成長出来れば最高です!!

二宮清純氏、川口和久氏ら監修の本格的検定。
受験するとBMXでライター・デビューのチャンスも!

SPORTS JOB NETWORKも協力してます!!

スポーツジャーナリスト二宮清純氏を委員長とする「スポーツジャーナリスト検定委員会」監修、日本唯一の野球観戦メディア「Baseball Times」(以下BT)編集部が問題作成および採点を担当するなど、これまで日本には無かった本格的な野球ジャーナリスト検定。

受験するだけで野球ジャーナリストに必要なスキル「調査力」「分析力」「筆力」が身につくだけでなく、当検定にて優秀な成績を残した方の中から数名の方が、「Baseball ManiaX」(BMX)にてライターとしてデビューいただけるよう用意をしております。
(詳細は検定終了後にご案内いたします)

なお12月12日には「検定対策セミナー」を実施。
二宮清純氏や川口和久氏の特別講演、検定問題作成者による出題の傾向と対策についてご案内します。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.so-net.ne.jp/kentei/

皆さんは「スポーツGOMI拾い大会」をご存知ですか?

先日、大井町で10/31,11/1に開催されました。

大会は「ごみ拾いはスポーツだ!」の開会宣言でスタートします。

開会式の後、作戦タイム(何処の地域をまわるかなど)を相談した上で

実際に、ごみ拾い開始です。軍手、トング、ゴミ袋は支給されます。

一チーム5~10名のチーム対抗戦で、決められた時間内に決められたエリア内のゴミを拾って、最も得点の高いチームが優勝となるスポーツ。


学生団体「スポーツGOMI拾い連盟」というのがあって、学生さん達が主催し、開催しています。
「環境奉仕活動」とか「ボランティア活動」とかいうと堅苦しいですが、これを「スポーツ」にしてしまえば、みんなが楽しく「ごみ拾い」に参加できるのではないか、と考えて作られた競技です。
 1.ゴミはきちんと分別する。
  (「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」「缶・びん」「ペットボトル」「その他」の5種類)
 2.一般の方に迷惑をかけないため、競技中走らない。
 3.チームのメンバーは行動を共にし、安全に配慮して他のチームとの距離を
一定以上に保つ。
 4.故意にゴミを作らない。会場内のゴミ箱・ゴミ収集所等からゴミを拾わない。
 5.私有地には入らない。

 等で、例えばペットボトル一つとっても、キャップ、ペットボトル、ラベルと、きちんとゴミの分別を行うことになっています。

 

スポーツGOMI拾いの大まかなルールは非常に単純で簡単!
チーム対抗で、決められたエリア内・決められた時間内に、より多くのゴミを拾って高得点となったチームが優勝となります。
ゴミは種類ごとに配点が異なり、拾ったゴミの総重量だけでなく、より配点の高いゴミをたくさん見つけることもポイント!
ゴミを拾う際の注意点もあって、それを守らないと減点になるんです!

ごみ拾い時間は50分。一チームに一名審判員が同行します。

審判団が収集してきたごみの集計をし、ポイント制になっております。

「たばこの吸い殻」はポイントが高いようでした。

最後に、表彰式をして大会は終了です。

チームの記念撮影、参加賞を頂いて解散でした…

参加された皆さんは、充実した満足感が笑顔として表現されておりました。

私も次回は、参加者としてチャレンジしたいです。

皆さんの地域でも「スポーツGOMI拾い大会」を開催してみませんか。

気になる方、やってみたい方は、ご一報くださいね。