秋田県のスポーツが熱い!(スタッフブログ)

東京スポーツリンクのカワシマです。はじめて、UPします。地域スポーツネタを中心に色々と書けたら思います。宜しくお願い致します。

早速、第一弾!

秋田県でスポーツの動きが活発になってきました。

来秋からプロバスケットボール、bjリーグに参入が決まっている「秋田ノーザンハピネッツ」

来春からサッカーJFLに参戦する、TDKSCを母体にしたクラブチーム「ブラウブリッツ秋田」

の2チームが誕生しました。

そして、秋田県は「スポーツ立県あきた」を宣言していました。県職員のブログ(http://akitapref.exblog.jp/12246918/)によると、宣言内容は下記の通り。

決意

一、小さいころから様々な運動・スポーツに慣れ親しむ活動を充実させ、心身ともに健やかで元気な子どもが育つ秋田をつくります。

二、子どもから高齢者まで障害のある方も含めてだれもが、いつでも・どこでも・いつまでも、気軽に楽しめるスポーツ環境を充実させ、元気でハツラツとした健康長寿の秋田をつくります。

三、スポーツライフの創造や競技大会の運営をサポートするボランティア等のネットワークづくりを進め、県民がともに喜びを分かちあい、元気に力を合わせてスポーツ活動を支える秋田をつくります。

四、優れた指導者の育成や人材の発掘・強化に力を入れ、国内外のひのき舞台で活躍できるトップレベルのチームやアスリートを輩出する、元気で誇れる秋田をつくります。

五、秋田の顔となるプロスポーツやクラブチームの育成により、スポーツビジネスを振興するとともに、全国的なスポーツイベントや大会の誘致を進め、県内外からアスリートや応援団が集う、元気で賑わいのある秋田をつくります。

六、県民が一人ひとりの能力、関心に応じて、スポーツを「する」、「みる」、「ささえる」などそれぞれの形で幅広く参加することにより、元気で活力あふれる秋田をつくります。

素晴らしいではありませんか。スポーツ振興のためには行政のバックアップは欠かせません。ただし、行政だけでは出来ません。企業、スポーツ団体、メディア、県民などなどがうまく連携できる仕組み作りが大切です。秋田県がうまく成功例を作れるか、注目です!