リレートライアスロン

日本にトライアスロンが上陸してから30年目。

マラソン、自転車に続き、トライアスロンが参加型スポーツとして注目され、

ブームの兆しを見せています。

このムーブメントに「リレー」というモチーフを組み込み、

親子や友達同士が力を合わせて、トライアスロンの完走を目指すことにより、

絆を深めることができる機会を提供し、

かつ地域の人々の健康増進と活性化に貢献することを目指します。 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

リレートライアスロンのコンセプトは、絆。

 

最近ロードバイクを買ったパパ。

5年前からランニングをはじめ、去年の東京マラソン応募したママ。

スイミングスクールに通っている自分。

家族みんなで力を合わせて、ひとつのスポーツに取り組むことができるとしたら。

 

親子の触れ合い。自然を体感できるスポーツとしての環境への意識。

そして何より、強い精神力の育成。

リレートライアスロンを通して、親子や仲間との関係を深める「きっかけ」を提案します。

 

【これまでの開催記録&今後の予定】

日付 タイトル(地域) 連携クラブ レポート
2010.7.18(日) 第5回北区アクアスロン大会 (北区) NPO法人れっど★しゃっふる  こちら!
2010.8.1(日) 鉄人レース・イン・汐入(荒川区) 鉄人レース・イン・汐入実行委員会  
2010.11.28(日) リレートライアスロン港区大会(港区) 青山トライアスロン倶楽部  

 

トライアスロン日本選手権が開催される地「港区台場」。

今年度の締めくくりは、このお台場エリアで開催し、10月のトライアスロン日本選手権への期待感も大きく高まることに繋がります。

企画運営協力パートナーである青山トライアスロン倶楽部のコーチングパートナー「チームケンズ」は日本選手において最もオリンピックにメダルが近い選手が所属しており、トライアスロンクリニックにおいても子供達に大きな夢を与えることになるでしょう。

また、本プロジェクトにて優れたアスリートとの交流にふれた子どもたちは、その感動を心に強くきざみ、これからの社会を担う世代として地域社会の活性化に力を発揮する存在となるでしょう。

そして、親子の共同作業でなしえたトライアスロン大会の完走で、お金では買えない一生の宝物を得ることになるでしょう。